離婚による日常生活で影響があることに、戸籍と姓の問題が挙げられます。
このページでは、その基本的な事項について東京弁護士会:弁護士・須田啓介がお伝えします。

戸籍と姓はどうなるのか?

姓は原則は婚姻前の姓に戻る

離婚をすると、原則として婚姻によって姓を変えた人は、婚姻前の姓に戻ることと定められています。
ただし、離婚後3ヶ月以内に所定の届け出をすることによって、離婚後も婚姻中の姓を名乗ることも可能です。

離婚した後の戸籍は元に戻るかあたらしく作るか

離婚した後の戸籍をどうするかについては2つのパターンが考えられます。

  1. 婚姻前の戸籍に戻る
  2. 新しい戸籍を作る

離婚後も婚姻中の姓を名乗る場合には、新しい戸籍をつくる必要があります。

姓の選択は3ヶ月以内に!

上記のとおり、姓の選択は3ヶ月以内であれば、離婚の際に称していた姓を称することが、市区町村への届け出のみですることができます。
もし3ヶ月を超えるようになると、家庭裁判所に氏の変更許可の申し立てを行うべきとなり、許可を得る必要が出てきてしまうのです。
そして、その氏の変更許可申立については、変更を求めるそれ相当の理由を説明しなければならなくなります。
ただし、逆に言うと3ヶ月以内であれば、どちらの姓にするのか考える余地があるのでじっくり考えてください。

まとめ

このページでは、姓と戸籍がどうなるか?ということと、姓の選択については3ヶ月以内に行いましょう、ということについてお伝えさせていただきました。
戸籍については人に見せるものではないのですが、姓については人に見られることから、気にされる方も多いでしょう。
この記事を参考に、自分の姓をどのようにするかをゆっくり考えてみてはいかがでしょうか。