離婚をする事によって、加入している医療保険に変更が生じることがあります。
このページでは健康保険に関する手続きについて、東京弁護士会:弁護士・須田啓介がお伝えします。

健康保険については、夫または妻の扶養に入っている場合は注意

自分自身で自営業、会社員または公務員として働いている場合には、健康保険も自分で加入をしている事になっています。
注意が必要なのは、夫または妻の扶養として健康保険に加入をしている場合に問題となります。

扶養として保険加入している場合にはどのような手続が必要か

離婚をする際には夫の扶養から外れることになります。
そこで、離婚後に就職をされる方は健康保険に加入します、自営業や働かない場合には国民健康保険に加入する手続きをとります。

子どもがいる場合の健康保険について

子どもがいる場合の健康保険については元夫の健康保険に加入したままでも利用することもできます。
自分の健康保険の扶養に入れる場合には、加入する保険の手続きが必要になりますので注意が必要です。

まとめ

このページでは健康保険についての手続きの概要についてお伝えさせていただきました。
面倒ですが、医療を受ける以上は避けては通れない手続きになります。
子どもの分については、通常は子どもを引き取る方の保険に扶養家族として加入することになりますので、こちらも会わせて手続きをするようにしましょう。
(文責:東京弁護士会・弁護士須田啓介)