須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。


離婚をするにも、その手続きによって様々な離婚の方法があります。
このページでは、4つの離婚の種類について、東京弁護士会・弁護士須田啓介がお伝えします。

まずはどのような種類で分類されているのか

離婚には以下の4つの種類があります

  1. 協議離婚
  2. 調停離婚
  3. 審判離婚
  4. 裁判離婚

それぞれ、どのような手続きを利用するか?という観点から分類がされています。
それでは一つづつ見てみましょう

協議離婚

当事者の協議で離婚を行うことができる手続きです。
日本では9割がこの方法で離婚しているといわれています。

協議離婚のメリット

裁判所を利用しなくていいので、一番利用がしやすいという利点があります。

協議離婚のデメリット

協議が整わないであったり、一方と交渉ができないような状態であると利用できないことはいうまでもありません。
また、早く離婚をしたい一心で、不利な離婚条件を暗にに飲んでしまうケースも散見されます。

調停離婚

裁判所の調停手続きを利用してする離婚です。
裁判所と調停委員という仲裁役2名を間に挟んで、相互に主張を聞いてもらい、妥協案を出してもらうものです。
いきなり裁判を起こすことは法律上許されていないので、この調停は話合いがつかないときには絶対に利用しなければならないことになります。

調停離婚のメリット

話合いにおいて相手と顔を合わさなくてもいいのが原則なので、冷静に双方が主張をできることが一つです。
また、離婚をする場合に関連する財産分与・慰謝料・養育費・面会交流などの付帯的な事項についても一緒に判断をしてくれます。
合意に至れば、裁判をしたのと同じ「債務名義」とよばれる執行(給料や資産への差し押さえ)をするために必要な書面を作成してくれるということもメリットの一つです。

調停離婚のデメリット

結局話合いの延長なので、当事者が拒否をすれば調停は不調といって流れてしまいます。
最初から相手に譲歩をするようなつもりがないような場合には意味のない手続きとなります。

まとめ

このページでは、離婚の種類とメリットデメリットについてお伝えしてまいりました。
どのようなケースでどんな手続きをとればいいかは完全にケースバイケースになります。
まずは当事務所の法律相談を利用してください。

須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。