須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。


浮気の慰謝料請求をされたらどうすればいいのか?という相談も当事務所にはたくさん寄せられます。
このページでは、どのような行動に出ればよいのかを東京弁護士会・弁護士須田啓介がお伝えいたします。

浮気の慰謝料請求をされたらする事1:事実の確認

浮気の慰謝料請求をされたらする事はまず事実関係の確認です。
相手方が電話・メール・内容証明郵便等でしてきた慰謝料請求についての事実の確認を行いましょう
あなたが浮気をしていない場合には、慰謝料請求されている原因となっている事実が事細かに主張しているのであれば、その事実がない事を冷静に伝えればよいだけです。事実関係の主張がないならば、どのような事実に基づいて主張をしているのかを問えばよいでしょう。
仮にあなたが浮気をしていたとしても、事実関係を事細かに主張してきているのであれば、その証拠になるものを相手が掴んでいるかどうか確かめます。
相手が事実関係をつかんでいるなど
事実関係の主張がないならば、まずはどのような事実に基づいて慰謝料請求をしているのかを問いましょう。

浮気の慰謝料請求をされたらする事2:要求している内容の確認

事実関係の確認が終わったら、次に行うのは要求している内容の確認です。
このページをご覧の方は慰謝料請求をされた側の人だと思われますので、要求内容としては慰謝料請求でしょう。
これに加えて、交際の中止が要求内容にあるようであれば、場合によっては慰謝料請求を主とした交際の中止にある可能性があります。
慰謝料請求の内容が適切な相場かどうかは、あなたと浮気相手の状況によりますので専門家の助力を借りることにしましょう。
例えば、浮気が本当に行っていたとして離婚に至るような場合には請求額が高くなり、離婚に至らないような場合には安くなる傾向があったりまします。

浮気の慰謝料請求をされたらする事3:差出人の確認

内容証明郵便が届いているような場合には文書の差出人が誰であるか確認をしましょう。
内容証明郵便で考えられる差出人のパターンは4つあります。
本人・弁護士・司法書士・行政書士です。
行政書士の場合には交渉するにあたっては本人としか法律上は本人としか交渉できないことになっています(本人に交渉のアドバイスをする事も弁護士法に反するという裁判例があります)が、事実上アドバイスを与える事は多く行われています。
司法書士の場合には、認定司法書士資格を有する者で、請求額が140万円未満であれば、司法書士が交渉の代理をしてくる事になりますので、司法書士と交渉しなければならなくなる可能性があります。
弁護士の場合には、どのような案件でも代理が可能ですので、弁護士と交渉する必要があります。
内容証明郵便に専門家の名前が付されているいるような場合には、基本的には専門家によるアドバイスを受けていると見て交渉をしなければならないでしょう。

確認が終わったら専門家に相談しよう

基本的にはどのような請求があったにせよ、専門家に相談する事をお勧めしています。
本人による請求の場合は慰謝料の相場が基準より大幅に多い事が多いですし、専門家による請求の場合には請求の事実関係をどれだけ掴んでいるかなど、チェックすべき事項は山積していると考えてください。

まとめ

このページでは、浮気の慰謝料請求をされたらする事についてお伝えさせていただきました。
当事務所では離婚の法律相談を実施させていただいておりますので、ご遠慮なくご相談いただければと存じます。

須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。