離婚を考えた場合に最初にすることといえば、話し合いをしてみることでしょう。

このページでは、協議離婚についての基礎知識と上手な進め方を、東京都弁護士会所属・須田啓介が徹底解説します

協議離婚とは?

協議離婚とは、離婚手続きのうちの一つで、夫婦の協議の上でする離婚の事をいいます。

調停離婚や裁判離婚のように裁判所を利用する手続きではないことにその特徴があります。

では、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか?

協議離婚の特徴

協議離婚は自由にできる

先にも述べましたとおり、裁判所を利用しないで離婚をする手続きです。民法では763条で当事者(夫と妻ですね)は協議で離婚をすることが定められています

あくまでも当事者の話し合いが前提ですので、夫と妻が同意できることが条件となります。

協議離婚の方法

離婚届を市区町村に提出することで行います。婚姻届けの時と同様に二人と証人2人の署名が必要となります。

協議離婚の現状

我が国では90%以上がこの手続きによっているとされています

協議離婚のメリット・デメリット

ではこの協議離婚にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

メリット

  1. 調停や裁判のように裁判所を利用する手続きではないので、手軽に利用でき費用の節約をすることができる。
  2. 当事者が納得させれば、自分に有利な条件で離婚を進めることができる。

デメリット

  1. 当事者が感情的になっている場合には合意がまとまらないことがある。
  2. 早く離婚がしたい一心で不利な和解案を飲んでしまって、あとから取返しがつかなくなることがある。

協議離婚で定めなければいけない事項を知ろう

話し合いは離婚をするかどうかだけではありません。どのような事項を決めなければいけないか整理をしましょう

財産分与

夫婦共同で築いた財産を、夫と妻でどのように分けるかという話し合いです。たとえば夫名義で買ったマンション等の不動産をどのように処分するかなどが争点になることが多いです。

慰謝料

離婚原因をつくった方に対して精神的苦痛を理由とする慰謝料の請求をすることになります。

親権・養育費・面会交渉

夫婦に子供がいる場合には親権をどうするか、養育費をどうするか・月に何回どこで会うか(面会交渉といいます)などの取り決めをしておくことがあります。

弁護士が教える協議離婚を有利に進めるコツ

メリット・デメリットでもお伝えさせていただいたように、交渉の仕方では有利な離婚交渉も、取返しがつかないくらい不利な条件をのまされることもあるのがこの離婚の交渉です。

協議離婚をうまく進めるポイントを、弁護士須田啓介の経験からお伝えさせていただきます。

協議離婚は証拠が8割!話し合いの前に勝負をきめるには?

離婚は協議がうまくいかなければ調停・裁判と進むことになります。

裁判手続に入った場合にまず離婚ができるかどうか、という事には「離婚原因」が必要でどうかの証拠がどれだけ集まっているか?で勝負は決まるといっても過言ではないのです。

証拠が少ないと、相手も強気の交渉ができるので、極端な話「では離婚をしてあげるので慰謝料・養育費はなしで…」といったような態度に出てくることも十分に予想されます。

これが、十分に証拠が揃っていて相手に突き付けられる状態になれば立場が逆転し、慰謝料や養育費交渉でも強気に出ることができるようになります。

相手方が焦って弁護士に相談するようなことがあっても、「交渉するだけ無駄になるから、早急に相手の条件を飲んだほうがいい…」というようなアドバイスを受けることになるのです。

取り決めをすべき事項を洗い出して、交渉の最低ラインを決める

相手方に証拠を十分に突き付けることができる状態にさえなっていれば、相手はいかに慰謝料・養育費を下げるか…という交渉に終始することになります。

どこまでのラインが譲れないのか、ということを上記で取り決めをすべき事項を考えながら、あらかじめ決めておきましょう。

最低ラインを決めればあとは「交渉力」がものをいいます。

交渉ラインを決めたならば、あとは離婚協議の場でどれだけの「交渉力」を発揮するかということになります。

まとめ

このページでは、協議離婚の基礎知識と、上手に交渉をするやり方についてお伝えしました。

どのような証拠がどの程度あればいいのかはケースによって異なります。交渉の最低ラインも同じです。

交渉力に裏打ちされるのは、確かな知識と経験です。当事務所は、今まで、数多くの協議離婚を成立させてきた実績・経験があります。

須田総合法律事務所では、離婚問題に精通した探偵事務所と連絡をとりあって有利な交渉をすることができます。まずはご相談の予約をお待ちしております。

(文責:東京弁護士会:弁護士須田啓介)

須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。


トップへ戻る|ご依頼の流れ解決事例集