須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。


別居中の子供の面倒はどのように見るべきでしょうか。
このページではその法律上・実務上の問題点を東京弁護士会所属・弁護士須田啓介がお伝えします。

離婚が正式に成立するまでの法律上の原則

離婚が正式に成立するまでは、子供の問題は法律上どのような状態におかれているのでしょうか。

監護権は親権を構成するもの

監護権というのは簡単に言うと子供の面倒を見る権利・義務の総称です。
そして親権というのは監護権と財産管理権から構成されています。

親権は父母が共同で行うのが婚姻中の原則

親権の行使は父母が共同で行うのが法律上の原則になっています(民法818条1号)。

別居の場合の監護権の行使に関しては法律がない

離婚をした場合については、父母の一方に親権を定めることとする民法の規定はあるものの、婚姻期間中の別居時の子供の親権については何らの条文も置いていません。
そのためこれを放置すると、子供の奪い合いになるなどして、子供のための観点からよくない事態がおきてしまいます。
そこで実務上では次のような運用がされています。

別居中の子供の連れ去りに対する子の引き渡し請求

別居中の夫婦の子供の連れ去りに対してはどのように対処すればよいでしょうか。

子の引き渡し請求ができる

子の引き渡しにつき家事審判の申立をする事になります。

審判ではどのような事を争うのか

子供の連れ去り事案に対する審判ではまずは大きくわけて次の2つの事項から考えます。

  1. 何が子供にとって幸せなのかという「子の福祉」をどうやって実現するかという一般的な基準
  2. 「子の福祉」に備えた父母の生活の条件はどのような状態かについて

子の福祉をどのように実現するか

下記のような事項から判断することになります。

  1. 子供の生活の現状を尊重すること
  2. 乳幼児については母親を優先すること
  3. 子供の意思を優先すること
  4. 子供の精神面を優先すること
  5. 育ての親がだれかということより、血のつながった親がだれなのかということを優先すること
  6. 兄弟を分離するようなことはしないこと
  7. 別居に至った理由(有責性)は基本的には重視しないこと
  8. その他諸般の事情をしっかり考慮すること

父母の生活の条件

下記のような事項から判断することになります。

  1. 養育能力がどちらにどの程度あるか
  2. 心身の健康状態や健康状態はどのような状態にあるか
  3. 子供に対する愛情や熱意がどれくらいあるのか
  4. 監護を継続して行っているか
  5. 経済力はどうなっているか
  6. 居住の条件をどのように整えているか
  7. 家族などの監護を補助してくれる援助体制はどのようになっているか

まとめ

このページでは、別居期間中の子供の問題について、法律の原則はどうなっているのか、どのような不都合があるのか、これに対応して実務はどのような手当をしているのか、という事についての概略をお伝えしてまいりました。
子供がどちらと一緒に住むかという事柄については、非常にナーバスな問題です。
子供の問題について気になるようであれば、ぜひ離婚問題に精通した当事務所の法律相談をご活用ください。

須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。


(文責:東京弁護士会・弁護士須田啓介)