須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。


夫がリストラをされた後に働かず、家でずっと貯金を切り崩しているような場合に慰謝料無しでもいいからさっさと離婚をしたい、という気持ちになりますよね。
このページでは、リストラされた場合に離婚ができるのか?について、東京弁護士会・弁護士須田啓介がお伝えさせていただきます。

協議離婚でリストラされた夫と話し合う場合

協議離婚にあたっては当事者である夫と妻が合意をしていれば、どのような理由に基づく離婚でも認められます。

調停離婚・審判離婚・裁判離婚の場合

これらの裁判所を利用する手続きにあたっては、民法770条に定める「離婚原因」が必要となると考えてください。
裁判離婚について、民法770条は次のように定めています。

第七百七十条  夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一  配偶者に不貞な行為があったとき。
二  配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三  配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四  配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五  その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

夫がリストラされたようなケースでは、二号が問題となります。

リストラされた事が離婚原因にあたるのか

民法は752条で、互いに協力し、扶助しなければならないとされています。
リストラをされたということ自体はありうる事なので、これをもってただちに離婚を認める事は不可能でしょう。
しかし、リストラをされたような状況で生活が苦しくなることが目に見えていえるのに、健康状態が悪いなどして働くことができないような事情がないにも関わらず、家でブラブラしているだけのような場合には、極端なケースでは上記の二号の「悪意の遺棄」に当たりうると解釈される可能性があります。

まとめ

このページでは、夫がリストラされた場合に、妻側が離婚の請求ができるのか?についての基本的な法律知識と、離婚できる可能性がある場合についてお伝えしてきました。
離婚ができるかどうかは、夫婦のそれぞれがどのような状態かによってまちまちです。ぜひ法律相談をご利用していただければ幸いです。

須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。


(文責:東京弁護士会・弁護士須田啓介)