結婚前には気づかなかったけれども実はマザコンだった…。というケースでの相談をいただいたことがあります。
このページではマザコンを理由に離婚ができるのかを、東京弁護士会・弁護士須田啓介が解説します。

そもそも離婚をするのにマザコンなどの理由がいるのか?

そもそも離婚をするのにマザコンであること等の理由が必要とされるのでしょうか。

協議離婚の場合

協議離婚の場合には、当事者である夫と妻が合意すれば離婚が成立します。
ですので、マザコンを理由として離婚をすること自体は認められると考えてよいでしょう。

調停離婚・審判離婚・裁判離婚の場合

この場合には離婚をする理由があるのかという事を法律に即して考えるので、法律で定める離婚原因が基本的に必要であると考えてください。
裁判離婚について、民法770条は次のように定めています。

第七百七十条  夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一  配偶者に不貞な行為があったとき。
二  配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三  配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四  配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五  その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

一号から四号にあたらない事は明白で、この場合には五号の「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」に該当するかということが争点になります。

マザコンが原因で離婚ができる場合はこんな場合だ

マザコンである事自体で離婚ができるというのは考えづらいでしょう。
しかし、民法は752条で夫婦にお互いに協力しあって生活をする義務を定めています。
そのことから、姑の夫婦に対する過剰な干渉に対して夫がこれを擁護しつづけるなどして夫婦関係が破たんを来してしまうような極端な事例になると、「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当してくることになり得ます。

まとめ

このページでは、マザコンを理由とする離婚が可能なのかの基本的な法律知識についてお伝えしてまいりました。
このようなケースでは本当に極端な事例でのみの離婚が認められるにすぎません。
離婚ができるかどうかなどのご相談は、ぜひ当事務所の法律相談を利用していただければ幸いです。

須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。


(文責:東京弁護士会・弁護士須田啓介)