東京都豊島区にあります、須田総合法律事務所のホームページです。

当事務所は離婚・財産分与問題に力を入れており、東京都の方を中心に法律相談に対応をしております。

一般民事を得意とする事務所なので、相続や債務整理・国際離婚が絡む場合でもご相談いただき、事件の解決方法を提示して実行をします。

代表弁護士:須田啓介よりご挨拶

おかげさまで、当事務所設立以来、数多くのお客様から離婚問題について相談・事件依頼等を受けてまいりました。

これまでに築き上げた経験・ノウハウを生かして、より皆様のニーズに答えるべく、私含め在籍している弁護士5名で切磋琢磨し合いながら、より良質なリーガルサービスをこれからも提供し続ける心づもりです。

これからも、良質・スピーディー且つ費用もリーズナブルなリーガルサービスを皆様にお届けし、皆様が抱える紛争の問題解決・火消しの手伝いをさせていただければ幸いです。

相談までの流れをみる

須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。

離婚の何でお困りですか?

知ってほしい基礎知識

離婚協議書の書き方(Wordでダウンロードできるひな形あり)慰謝料について婚姻費用の分担について財産分与について親権養育費について|面接交渉権|税金

知ってほしい手続き

協議離婚離婚調停離婚審判離婚裁判

地域別離婚のご相談実績

東京23区

足立区|荒川区|板橋区|江戸川区|大田区|葛飾区|北区|江東区|品川区|渋谷区|新宿区|杉並区|墨田区|世田谷区|台東区|中央区|千代田区|豊島区|中野区|練馬区|文京区|港区|目黒区

須田総合法律事務所の弁護士が解決した離婚の案件を見たい

解決事例集をご用意しています。ぜひご利用ください

東京都にお住まいのAさんのケース

事案

Aさんは夫と結婚した後も派遣社員で家計を支えてきました。子供が出来たのをきっかけにAさんは一度退職をしますが、子供を保育園に預けられる年になったころには再度職場に出るようになります。
Aさんは夫と共有名義でマンションを買い、住宅ローンも連帯保証で組んだのですが、引っ越したマンションが夫の実家に近く、夫の母親が加度に介入するようになり、また夫との喧嘩が絶えなくなってしまいました。
Aさんはついに子供を連れて自宅を出て実家に戻ってしまい、そのまま離婚に向けての話し合いの場をもちましたが、夫からは「世間に顔向けができないから帰ってこい」といわれる一方なので、当事者どうしの話し合いでは難しいと考え、当法律事務所に相談となりました。

相談と弁護士の対応

Aさんは長年の夫と夫の母親からのプレッシャーに耐えきれず、離婚意思は強固であり、その意向を受けて、離婚に向けての協議をします。
夫も弁護士を代理人として立ててきました。その弁護士を通じ、関係修復が無理だと夫も諦めたようで、離婚自体には応じることになりました。
しかし、財産分与で自宅マンションをどうするかで意見が対立してしまいます。
夫は自身がそのまま住みつつ、住宅の売却には応じない立場でした。
これに対してAさんとしては、自身の連帯債務が残存することは許容できず、売却を強く考えていました。
しかし、自宅は、いわゆるオーバーローン状態で売却しても住宅ローンは残存する状況でした。
そこで、弁護士はAさんの夫に自宅のAさん持分の名義も夫に譲渡する代わりに、住宅ローンも夫が免責的に引き受けさせるよう交渉してみることを提案。
自分が住めない家の住宅ローンを払いながら子育ては厳しいと考えたAさんはこれに承諾。
夫も難色を示しながらも、今のマンションに住み続けられるのであればと最終的に承諾をしたので、夫は新たな連帯債務者として親を用意して、銀行と免責債務引受の交渉を実施してもらい、銀行の了承の元、Aさんの債務が免責されることに成功しました。弁護士はその他の財産分与も含めて離婚協議書を作成し、本件は終了しました。

東京都にお住まいの30代女性のケース

事案

夫の度重なる不倫に離婚を決心して、当事務所にご相談をいただきました。

依頼当初の状況

夫は不貞行為を認めず、離婚には応じるものの、慰謝料・財産分野・養育費の支払いを拒絶していました。

弁護士の活動

協力探偵事務所に証拠の確保を依頼し、不貞行為の立証を行った

結果

約500万円の財産分与と150万円の慰謝料、月10万の養育費の支払いについて合意し公正証書の取り交わしをしました。

東京都にお住まいの40代の男性のケース

事案

妻との離婚交渉に応じてもらえず、当事務所にご相談をいただきました

依頼当初の状況

依頼者と妻との間にはまったく会話等のコミュニケーションがなくなっていました。

弁護士の活動

離婚への合意を促すことと、慰謝料の減額を交渉しました。

結果

調停まで案件はすすみましたが、当初相手方提示額の1/3程度の慰謝料での減額和解に成功しました。

埼玉県にお住まい(東京都にお勤め)の20代女性のケース

事案

夫からの離婚調停の申立にどうしていいかわからないということでご相談をいただきました。

依頼当初の状況

離婚原因が何になるのかもわからない状況で一方的に性格の不一致を主張される

弁護士の活動

協力探偵事務所に調査を依頼し、夫に愛人がいる証拠の確保に成功、調停で主張。
愛人に対する慰謝料請求を行う。

結果

調停は取り下げられ離婚を回避。
愛人から約100万円の慰謝料を獲得

須田総合法律事務所、代表弁護士の須田啓介です。ご相談おまちしています。

離婚について知りたい

弁護士須田啓介によるコラムです

法律のしくみについて

離婚に関連する法律にかんする解説をしたコラムです。⇒法律のしくみについてのコラム一覧へ

養育費について

養育費請求についての解説をしたコラムです。⇒養育費についてのコラム一覧はこちら

親権について

親権についてのコラムです。親権についてのコラム一覧はこちら

婚姻費用について

婚姻費用についての解説をしたコラムです。⇒婚姻費用についてのコラムはこちら

慰謝料について

慰謝料請求についての解説をしたコラムです。⇒慰謝料についてのコラムはこちら

財産分与について

財産分与についての解説をしたコラムです。⇒財産分与についてのコラムはこちら

協議離婚について

協議離婚についての解説をしたコラムです。⇒協議離婚のコラム一覧はこちら

離婚調停について

離婚調停についての解説をしたコラムです。⇒離婚調停についてのコラム一覧はこちら

離婚審判について

離婚審判についての解説をしたコラムです。⇒離婚審判についてのコラム一覧はこちら

離婚裁判について

離婚裁判についての解説をしたコラムです。⇒離婚裁判についてのコラム一覧はこちら

離婚後の生活について

離婚後の生活についての解説をしたコラムです。⇒生活についてのコラム一覧はこちら

離婚と税金について

離婚後の税金についての解説をしたコラムです。⇒税金についてのコラム一覧はこちら

東京都の離婚の相談お役立ち情報

東京家庭裁判所

東京家庭裁判所のホームページです。手続案内や申立手続きの例などの情報が掲載されております。夫婦関係調整調停などの申立書の記載ページはこちら

東京家庭裁判所立川支部

東京家庭裁判所立川支部の交通案内のページです。

東京ウィメンズプラザ-相談案内のページ

東京都でDVの被害にあわれている方のためのサポートをしている団体の相談窓口についてのご案内ページです。

東京弁護士会-紛争解決センター

弁護士が仲裁に入り、離婚問題や夫婦問題の解決のあっせんをするADR(裁判外紛争解決手続)のページです。